ウェスティンホテル仙台

4.5 (107件のレビュー)

980-0811, 日本, 宮城県, 仙台市, 青葉区一番町1-9-1   •  天気:    •   現地時刻:     •  電話: (81)(22)7221234  

4.5

>The Westin Art Showcase

The Westin Art Showcase Exhibition vol.10

菅野秀平「不可視の痕跡の可視化」


スクリーンに映し出された無数の線は、普段は見えないありとあらゆる“情報”を現しています。


これらの線は、手を叩くなど音を発すると、それに反応して一気に動き始め、ランダムに変化します。これは情報の移り変わりを表現しています。

開催期間:2015年4月5日(日)~4月16日(木)

本展では、身の回りにある「目に見えない物の動き」を可視化することをテーマにした作品をご覧いただきました。
菅野氏は開催を迎えるにあたり『目に見えない物を可視化するインスタレーションです。映像は音に反応して線の太さや本数が変化し、常に移り変わる情報を示しています。線の痕跡が人の動きや音に合わせて変化することから、人の身の回りで起こる見えない動きを体感する作品を作りました。この作品に触れて、不可視の情報空間を感じていただければ幸いです。』と述べています。
映像の前で声を発したり、音を出したりするとそれに呼応するように映像が変化するこのインスタレーションは、体の中で起きている神経の伝達から、身近にある人間関係、社会的関係、生態系との関係、さらにインターネットにより世の中に無数に張り巡らされたネットワークを介した情報通信まで、あらゆる相互関係を表現したもの。目には見えない、絶えず変化し続ける情報とその相互関係を体験できる展示になりました。

展示会の様子

  

菅野秀平氏(アーティスト)

1991年山形県生まれ。東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科卒業。
澤口俊輔ゼミ。線を感覚的に配置した作品を制作する。卒業制作ではプロジェクターで映した映像の作品を作る中で、プログラミングによる映像を試作し、音によって変化するインタラクティブな作品を制作した。

>The Westin Art Showcase Topに戻る